BFV

【BF5】個人的気になった最新情報を毎日更新中【PS4】

(※最終更新日2018年11月16日)

次々と明かされる「Battlefield V(BF5)」個人的に超気になった最新情報を記載していきます。

βテスト時までの情報が多いです。製品版を現在プレイ中なのでどしどし更新していきます!

新モード

今現在明かされている新モードは3つあり、それが「Airborne(エアボーン)」「グランドオペレーション」「コンバインドアームズ」です。

Airborne(エアボーン)

  • 戦闘機の中からスタートし、パラシュートで降下
  • 砲台の破壊、防衛が目的
  • 砲台の建築、修復
  • グランドオペレーションの1日目

今現在明かされている情報はこちらのとおりです。

戦闘機の中からスタートしますが、ずっと乗っていて敵陣地の奥深くで降下することもできるようです。

輸送機を対空砲で破壊している様子

それを阻止するために、輸送機を対空砲で破壊する役割が必要になってきます。

分隊員と協力することが勝利への近道というようなことも公式から発表されています。

グランドオペレーション

全作BF1では「オペレーション」というモードがありましたがそれの拡張版です。

要点まとめ
  • 64人対戦
  • 1試合が40~60分の長時間戦
  • 15分=1日とし、ゲーム内で4日間戦闘するシチュエーション
  • 大体は3日で勝負はつくが、つかなかった場合4日目に移行
  • 4日目はスポーンなしの「バトルロワ」
  • 1日目は弾数が少なく設定されている
  • 勝利するごとに装備品がアップグレード

とても長いゲームモードになりそうです。その他、バトロワ要素加わっていますが、FPSのバトロワはどのようになるのか楽しみです。

4日目のバトロワモードの詳細

  1. 全プレイヤーは1クリップの弾薬数でラウンドが開始される。
  2. 小隊の仲間のみ蘇生が可能
  3. 看護兵の回復、援護兵の弾薬補給は可能

現在のところ以上の情報が開示されています。

PvEの「コンバインドアームズ」

これはプレイヤーとボットが戦う「PvE」のモード。

射撃の練習になったり、仲間と協力してクリアしていくモードになっているようです。

初心者の方は個のモードで練習して「PvP」に流れるといったこともできそうです。

すべての兵科で蘇生可能

BF1では看護兵のみ蘇生できましたが、今作BF5では「全兵科で蘇生可能」です。

しかし、条件があり、「看護兵以外の蘇生は体力が100%ではない」ということ。

蘇生が全兵科になったとき、BF1などで頻繁に起きていた「看護兵少ない問題」は解決しそうですが、このシステムの変化はゲーム性が結構変わってくるので心配なのが筆者の個人的感想です。

ハト
ハト
なんか手を握って「がんばれっ!」て感じの蘇生の仕方で草
その他の兵科システム変更
  • 自然回復では100%まで回復しない(ヘルス60程度まで回復)
  • 倒された見方を引きずることが可能(安全な場所で蘇生可能)

蘇生モーションが遅い

蘇生中

リアルさを追求していたのはわかったのですが、蘇生モーションもちゃんと兵士に注射器を打つモーションがありました。

それも3秒前後のモーションだったので結構ロスタイムが生まれます。

このロスタイムは戦闘において結構長く感じるのでどう影響するか楽しみでもあり不安でもあります。

戦闘中の動作について

戦闘中の動きにも細かい変更、進化があるようです。

伏せ撃ちの自然な挙動

レインボーシックスシージのように、伏せ撃ちの時「仰向け」「うつ伏せ」の様な挙動になる様です。

武器のアタッチメントは7つ追加可能

BF5アタッチメントアタッチメント変更画面。

BF1ではあまり変更できなかったアタッチメントも、今作は7つも追加できるようです。

画像ではマズル、グリップ、ストック、スコープが変更できることが確認できます。

BF4でも5つ程度でしたので史上最大のアタッチメントの多さです。

武器一つ一つにスキルを付与する「コンバットルール」

BF5アタッチメント

武器一つ一つにスキルチャートが存在し、カスタマイズ可能です。

詳しい情報は下記の記事に記しています。

BF5アタッチメント
【BF5】武器ごとのスキルチャートが公開、武器それぞれでカスタマイズ可能に 2018年8月21日に公開されたトレーラームービーにて武器ごとにどんなスキルをつけるか変更できるスキルチャート「Combat Rol...

スナイパー覗き込み時、動くとレティクルがぼやける

止まっているときはレティクルは綺麗に見える
動いていると、ぼやけて見にくい

上画像のように、スナイパーではスコープを覗いている時、動くとぼやけ、止まると綺麗に見える仕様になっていました。

Battlefieldシリーズではスナイパーは止まって撃つというのは常識的な行動でしたので差はないかもしれませんが、動いているときに標準を合わせることは少し難しくなりますね。

ハト
ハト
慣れてきたら多分大丈夫だと思う!

その他の小さい変更点

要約
  • キルした敵から弾薬補充可能
  • LMGは壁を破壊できる
  • リスポーン時はリスする味方の三人称視点で確認可能

建物の修復、有利ポジションの建築が可能

建物が破壊されたら自分で修復することができたり、土嚢を積み上げ有利ポジションを作ったりすることができます。

戦略性の幅が広がったのでこれはすごくいいと思います。

コンクエストや、オペレーションでは最後のほうになると建物が壊されていて隠れる場所がないということが多かったですが、このシステムによって改善されました。

建築にて雪だるまもできるらしい

兵士の外観を細かく変更可能

画像や、トレーラームービーを確認するとリアリティのある変更が可能だと気づく。

変更箇所
  • 腕などを義手に
  • 銃に葉っぱを巻き付ける装飾
  • 顔ペイント
  • 帽子、髪型、ゴーグルなど
  • 男性、女性

そして課金はこの外観のみの課金となる様です。

CODの様なプチスコアストリーク搭載

分隊長のみ使用可能で、分隊ポイントをためると使用できる特殊攻撃、特殊装備があるようです。

動画でも出てきたのですが、V1ロケットが着弾しているのがその特殊攻撃です。

今現在出ている情報としましては

  • V1ロケット
  • 弾薬箱
  • スモーク
  • 重火器
  • 戦車

これらのスコアストリークが用意されているようです。

実際のマルチプレイでの様子

トレーラームービー通り、結構な爆発が起きているので強力な特殊攻撃になりそうです。

6月10日にマルチプレイ動画が公開

グランドオペレーションのマルチプレイ動画が配信されました。建築の様子、蘇生の様子などがわかるのでよかったら見てみてください。

スポンサーリンク


サプレッション状態にすることでもスポットできる?

EAAさんのBF5先行プレイの感想の1つに

敵プレイヤーのサプレッション状態=スポットとなる模様(味方のキルでスポットボーナスが入る)?(参考:BFV:『バトルフィールド 5』 先行プレイの感想、チームプレイが重要になり兵士の操作感向上

と書いてあり、またキー操作によるスポットが廃止になったとのこと。

ということは敵を撃つことでしかスポットができないということになる。

これを踏まえて何度も海外の方の先行プレイを見たがスポットしている様子を見ることがなかった。

そしてマップに映っている敵の数も異常に少なかった。

これに関して私は良くない変更だと思ってます。

隠れてスポット、スポットしといてこっそり倒すみたいな役割ができないということになりかねないからです。

広大なマップで戦うBFではスポットは本当に重要な役割でした。だからこそ隠れながらスポットしてチームに貢献するみたいなことができていたのに…

これに関しては今後の情報を随時見ていく必要があります。

追記:スポットに関して動画内でスポット位置固定になっていることがわかりました。別記事にて詳細に書いています。

BFVBF5スポット仕様弱体化
【BFV】スポット仕様・スポット弱体化2018年9月4日からオープンベータが開始されました。 クローズドアルファから大きな変更が沢山入っており、インフルエンサーとしてア...

オープンベータ開催日

BFV予約購入者は9月4日に先行プレイが可能です。

また、予約したない方は9月6日からプレイが可能。

発売日

2018年11月20日発売予定

10月19日の発売でしたが延期が発表されました。

プレミアムパスがないとのことなので全員がすべてのマップをプレイできるようです。

素晴らしい!!!

エレクトロニック・アーツ
¥3,000
(2019/03/20 03:55:37時点 Amazon調べ-詳細)

オープンベータ情報

偵察兵の「ZH-29」が強すぎ!?

BF5偵察兵zh29最強1

偵察兵で使える新武器「ZH-29」が強すぎるのではないかとTwitterで話題になっています。

詳しくは下記記事から。

BF5偵察兵zh29最強1
【BFV ベータ】偵察兵(斥候兵)の「ZH-29」が強すぎる! https://www.gameic-rise.com/?p=3778 BFVオープンベータで使用できるよ...