COD

【COD:BO4】NOMAD(ノーマッド)の性能、考察

NOMAD詳細考察1NOMAD(ノーマッド)の肩書は“Ambush Tactics(アンブッシュタクティクス)”で、日本語訳は「待ち伏せ戦略」という意味になります。

サブスキルはセンサーに引っかかった敵を爆破するので”待ち伏せ”という名前がついているのだと思います。

そんなNOMAD(ノーマッド)を考察しました。

メインスキル「K9ユニット」

NOMADメインスキルK9ユニット

軍用犬を1匹呼び出すメインスキルです。

このK9ユニットは“追尾モード”“パトロール(警備)モード”が存在します。

その名の通り、追尾モードはプレイヤーを追尾するように行動し、敵を見つけるとキルしに行きます。

プレイヤーが動かないと、K9ユニットも動きません。

また、パトロールモードはプレイヤーの行動に制限されず動き回ります。

BO4ノーマッド最強警備モードを押した地点にマーカーが立つ

警備モードにするとその場にマーカーを設置する。その場所付近をK9ユニットが巡回する。

実際のところ、判定があまり明確になっていません。CODのバトルシステム上、ほとんどのプレイヤーが動き回ります。

なので、K9ユニットは追尾、パトロールモードどちらも同じように動き回ることが多いです。

少しの差しかないので、K9ユニットを撃破されないように見守るという点で”追尾モード”にしとくのが一番いいです。

俊敏な動きと、高い耐久力が強いところ

K9ユニットは小柄で、素早く動きます。

この俊敏さで敵を惑わせ、その間にキルできますし、普通にK9ユニットでキルしてくれることもあります。

なので、追尾モード方がいいと思います。

また、耐久力が高いのでほとんどの武器の1マガジンでは倒せないので設定値は問題ないと感じました。

サブスキル「メッシュマイン」

NOMADサブスキルメッシュマイン

1回で2つのメッシュマインを発射できます。

距離が近いと、レーザーでつながりそのレーザーに触れた敵は爆破してキルされます。

逆に距離が遠かったり、遮蔽物が途中にあったりするとレーザーがつながらないので注意です。

また、最大で4つのメッシュマインが接続可能なので、遠くて繋がらなかったメッシュマインも中間に足してやることでつながったりします。

NOMADメッシュマインNOMADメッシュマイン

参考:ハセシンさんの動画(【COD:BO4】全10種類スペシャリスト紹介動画【ブラックオプス4】

裏どりされたくない場所・人が良く通る場所に設置

ドミネーションなどでは、裏どりされないように外周の小部屋の中や、狭い道に設置することで裏どりに察知できるようにメッシュマインを設置すると良いです。

また、自分がよく通る場所を考えて設置してみると引っかかる確率が高いです。

設置するときは敵プレイヤーからメッシュマイン本体が見えないように設置しましょう。

メッシュマイン本体は相手から赤く光っていてバレやすいです。センサー自体はほぼ見えない仕様になっていてバレにくいですが、本体だけはバレやすいので注意が必要です。

ハト
ハト
せっかく仕掛けた罠がバレバレだったらもったいないもんね

FFAにて大活躍中

FFA(フリーフォーオール)ではノーマッド人気絶好調です。

筆者は全員ノーマッドの時もありましたw

K9ユニットも自分自身のエイム力は関係なしに数キルしてくれるし、FFAではあらゆる場所に敵が存在するのでメッシュマインもかかりやすいです。

5,6キルを稼いでくれるのでFFAではとても強いスペシャリストになっていますね。

ハト
ハト
メッシュマインに引っかかったときの何とも言えない気持ちがね…

まとめ

メッシュマインの置き方に関してはこれから研究しなければならないと思いました。

裏どりをよくするプレイヤーが敵にいた場合、結構刺さるスペシャリストなのでここぞというときに使うと良いですね。

K9ユニットはそれほど大量キルができるわけではなく、索敵目的が強いと思います。キルを重点的に考えるようなスペシャリストではないですね。

それではっ!

【COD:BO4】RUIN(ルイン)の性能、考察 BO3の時に登場したスペシャリストが今作も登場するようです。 今回はこの攻撃的なスペシャリスト「RUIN(ルイン)」につい...